底地をお持ちの所有者の方はよく考えなくてはいけない問題があります

サイトマップ

沢山の家

底地とはどんな土地か

緑の屋根の家

底地はその土地に借地権がある土地のことをいいます。これがなかなか厄介な扱いとなる可能性があるのです。つまりは、借地権がありますとその土地の所有権を持っていようと好き勝手に出来ないからです。
このような理由で底地とは正直なところ、よくない状態の土地扱いになることが多いのですが、それは借地権付で貸していたときにはその付近があまり発展しておらず、そこまで高くない金額で貸すことができるような状態から、それなりに年月が経ち、周りが発展してそれと同時に地価も上がり安く貸しているとむしろ、足が出るような場合になります。これがもめるときに最も多いパターンです。
借り手としては安くそれなりによい土地が借りられているわけです。一応、物価上昇、地価の高騰に応じた賃料の値上げは可能ではあるのですが、それも極端に高くなることはないのです。こうした場合によくもめるのが底地なのです。この場合は別の土地を用意するか、借地権を買い取ることになるでしょう。円満で出て行ってもらうというのは今までの関係の良好さにもよるのでしょうが極めて厳しいです。土地所有は素晴らしいことが多い、よい財産ではあるのですが、底地に関してはなかなか大変なのです。

Copyright © 2017 底地をお持ちの所有者の方はよく考えなくてはいけない問題があります All Rights Reserved.