底地をお持ちの所有者の方はよく考えなくてはいけない問題があります

サイトマップ

沢山の家

底地の不動産の扱い

青い屋根の家

様々な権利が発生することがあるのが不動産です。土地はどうしてもそうした権利が入り組んでいたりしますと処分が非常に難しくなります。扱う側としては手間とコスト的にそんなにやりたいようなタイプの仕事ではないといわれているほどです。
そうした土地に底地というのがあります。これは借地権が設定されている土地のことをいいます。こうした土地は何かと話し合いをしないと何事も進められないので非常に面倒になっています。もちろん、借地権者と土地の所有者の関係が非常に穏やかであり、しっかりと話がスムーズに進むこともあります。そうしたときには基本的にはそこまで問題になることはないのですが、とにかく底地というのは扱いに非常に難儀をすることが多く、不動産業者でも苦慮することがあるのはよく知っておきましょう。
しかし、ある意味では安定して貸せているともいえるわけです。その土地に際立った価値でもない限りは貸しているほうがよいという場合もあります。まさにその状態次第といえるのが底地によって違うわけです。この点が難しい問題となっています。借地として貸しているのはそれなりに土地を持っている人でしょうから、特に悩ましい問題となることが多い不動産なのです。

Copyright © 2017 底地をお持ちの所有者の方はよく考えなくてはいけない問題があります All Rights Reserved.