底地をお持ちの所有者の方はよく考えなくてはいけない問題があります

サイトマップ

沢山の家

底地はすべてにおいて悪いわけではない

ピンクの屋根の家

不動産は綺麗になっていることがとても重要です。それは権利関係が複雑ではなく、綺麗にはっきりとしていることであり、それこそがまずはよい不動産の一つの条件になっています。
土地には底地というのがあります。これは土地に借地権がある場合であり、まずはその土地を他に活用、或いは売却使用とした場合にその借地権の処理からしないといけないのではっきりいって手間がかかることになります。ちなみに借地権を持っている側の人にとってこれは財産ともいえます。底地の価格というのは、その土地の価格に借地権の価格を引くことで決まるからです。つまりは、借地権というのが土地の価格評価に影響がある、というのがはっきりと決められているわけです。ですから、こうした土地はかなり難しい状況にあるといえるのです。上手く話し合いが進むこともありますし、物凄くこじれることもあります。
そのまま貸し続けるのであれば問題はないですが借地権を返上してもらうためには少なからず費用がかかることでしょう。しかし、土地の所有権があることは確かであり、代替案があれば意外と話はしっかりと通ることがあります。そのまま貸していくのであれば問題はありませんが処分して他に利用したいときであろうとまずはしっかりと話し合うことです。

Copyright © 2017 底地をお持ちの所有者の方はよく考えなくてはいけない問題があります All Rights Reserved.