底地をお持ちの所有者の方はよく考えなくてはいけない問題があります

サイトマップ

沢山の家

底地が不動産屋にとっては

赤い屋根の家

土地家屋というのはそれだけで財産であるわけですが、こうした財産には複雑な権利が設定されていることがあります。その一つが借地権です。土地があり、家があっても、そこに借地権が設定されていますと所有権があるとしても完全に自分のものとして使うことができないのです。これを底地といいます。
こうした土地は不動産屋としても非常に扱いにくいです。売るときには借地権がある人を無視してできないことになっていますし、何か利用するのであれば当然ながら借地権を綺麗にする必要性があります。こうした手間がありますから、さすがに扱いにくいことになっているわけです。
しかし、だからといってまったく扱えないのか、といえばそんなことはなく、借地権を買い取りすることによって、綺麗にはできます。自分の土地なのにどうして費用を払って解決しないといけないのか、と考えてしまうでしょうがそれほどまでに借地権というのは強い権利であると理解しておきましょう。そもそも貸している状態で利益が出ているのであればより効率性を求めるわけではないのであればそのままでも問題ないといえます。
問題となるのは借地させているのに損が出ている場合です。不動産にとって扱いにくいとしてもその場合は上手く処分しましょう。

Copyright © 2017 底地をお持ちの所有者の方はよく考えなくてはいけない問題があります All Rights Reserved.